宝王山薬師寺紹介

薬師寺紹介

当山の歴史は尊きものがあり、弘法大師を本尊とし天平13年聖武天皇国分寺創建の勅使に基づき宗祖弘法大使立教開祖の教旨に則り金光明最勝王経を所依の経典と表し、祈祷布教の拠点でありご利益がある「お大師さん」と親しまれ90年余り真言宗の修行場としても多くの弟子を輩出し、多くの檀信徒様との有縁を強く望んで参りました。

「この世に命ある時こそ、人々の不安、苦しみを解放し心も魂も救済する身である」と弘法大師様よりあらたかなる霊示を得た故二世の教えを根底にあらゆる願意成就の祈念を続けております。

薬師如来、不動明王、地蔵菩薩、白衣持経観音菩薩、水瓶観音菩薩を奉安しておりますので

有難いご利益を是非お受け下さい。

今日、この教義を継承した四世が現住職となり、大本山にて3年間職員として勤めたことを活かし、多くの方々の御縁に感謝し、お寺が身近な存在に感じていただけることを心掛け、皆様とともに歩んで行きたいと願う所存です。

 

平成22年12月東京別院を開基し、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に幅広く活動しております。小さなお寺ですが、常に皆様の日々を案じつつ心の支えとなり、いつもおおらかで穏やかな気持ちを持ち続けられるようにご多幸をお導きいたしますのでお任せ下さい。

副住職

女性ならではの優しさであなたの不安を解消し、幸せをたくさんお届けいたしますね。

(水子供養、お悩み、 何なりとお気軽にご相談下さいね)

 

薬師寺本院

〒677-0031

兵庫県養父市栄町165

079-662-4084

年間行事(護摩祈祷)

・節分護摩祈祷祭 2月3日 13時より
・キュウリ護摩祈祷大祭 7月21日 13時より

ご本尊様とのご法縁を深められますように

皆様のお越しをお待ちしております。